マスクを10ヶ月使ってみて

最終更新: 3月7日


TISSU ROUGE のマスクシリーズ、おかげさまで好評をいただいております。

コロナウイルスが蔓延し始めてから1年、最初のマスクアイテム『Masque de Bouquet』を発売したのが昨年の5月ですので、約10ヶ月が経ちました。

その『Masque de Bouquet』を発売してすぐにご購入いただいたお客様に使用していただいた感想をお聞きできましたので、今日はそのことについて書こうと思います。


ご購入いただいたのは『Masque de Bouquet femme Black』。

嬉しいことにお気に召していただけたようで、先日リピート購入していただけました。

  1. 張り感がなくなる。

  2. プリント部分が若干退色しているかな?と思える。

  3. 耳掛けの部分は使用により丸まってくるものの伸びはなく、フィット感に変化はない。

上記以外は特に問題はなく、まだまだ使用可能とのことでした。

このいただいた感想は、私たち自身で使用しているサンプルとも合致する内容で、特に個体差はなさそうです。


使用が難しくなるまで使ってはいませんが、この調子ですとまだまだ長く使えると思われます。

調べて見ますと不織布マスクは安いもので1枚約15円程度、コストパフォーマンスはこの先どこまで保つかによるのでなんとも言えませんが、洗って何度も使えますので使い捨てでないことを考慮しますとエコロジーに貢献できるのではないでしょうか。

以前のブログにも書きましたが効果としましても布マスクは不織布マスクに比べて遜色がないと思われます。

ファッション性も高いので、選択の候補に入れて見てはいかがでしょうか。

残念なことではありますが、日本中にワクチンが行き渡るまでにはまだ時間がかかりそうです。

それまでの間、TISSU ROUGEのマスクでおしゃれを楽しみましょう。




0件のコメント

最新記事

すべて表示